スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レッスルを穿った目で見てみよう♯2 市ヶ谷さんの憂鬱//來來軒
 サバイバーをプレイしてるとたまーに発生する反乱軍イベント。
 このイベントはユーザーに対するメリットがほとんど無いのが困りもの……というか、現状のシステムだと個々のキャラの性格とかは置いておいて、数値だけで盛ると『ヒール=管理不行き届きで発生した欠陥品』だったりするわけです。
 これ、旧来のレッスルの団体経営ものでもこの傾向があるので、サバイバーだけを非難はしないけど、今回は特に顕著になってる印象があります。
 この数値処理、ライラみたいなナチュラル悪人はいいんだけど、グリズリーさんみたいなキャラは全然表現しきれてない。
 旧キャラで悪役になりやすい市ヶ谷さんや越後にしたって……というか、市ヶ谷さん本人は自分がヒールであるという自覚なんかまったくないだろうし、評価を下げられてしまうのもおかしな話だとは思うのですけどね。
 それにしてもサバイバーの市ヶ谷さんは可哀想というか、各種イベントで社長キャラが『痛い人』扱いしてるのが辛すぎる。
 バカンスイベントはあれはあれで面白いのでいいのですが、あれも市ヶ谷さんが1番後輩だったらどうすんだよ、ただのいじめだぞとか思わないこともありません。
 そもそも、旧来のシリーズでも『柔道日本一』の肩書きに見合った実績がまったく与えられていない。
 まぁ、旧来のレッスルはプロレス至上主義なので仕方ない面もあるんですけど。
[レッスルを穿った目で見てみよう♯2 市ヶ谷さんの憂鬱//來來軒]の続きを読む
スポンサーサイト
レッスルを穿った目で見てみよう//來來軒
 新人育成時に外人相手に観戦操作でプレイしたりしていると、たまに新人がパートナーにタッチする前に外人選手に叩き潰され、試合時間も5分ほど、なんてことがあったりします。
 以前にも書きましたが、タッグ時のタッチしながら技を繰り出すときの、パートナーとの体力差補正は絶大な効果があるのですが、カードの強さと相手との相性次第では、さすがにどうにもならん場合もあります。
 まぁゲームでのお話なので、『やっぱ無理なマッチメイクだったか』の一言で済む訳ですけど、これが実際の試合だったりしたら、こんなの大ブーイングものの不穏試合だったりするわけで。
 試合後のバックステージや翌日の試合などではきっときな臭いことになるのだろうなとか、『あー、これは明日の試合は、コーディ理沙子さんに制裁されるな』などと
いろいろ妄想したりもしてしまいます。

 レッスルはあくまでゲームであり、お話なので、発生する全ての事柄は真剣勝負の上に成り立っている、という前提で進行していくわけですが、そんなレッスルにも、以前書いたように『キャラ属性の変更指導』など、なかなかグレーゾーンなやり取りもある。
 とりあえず、一応ゲームである以上、真剣勝負の体裁を取ってはいるが、もしも実際と同じように、ストーリーラインがあって、選手たちはそれに則って試合を行い、日々生活しているとしたらどんなもんだろう、とか考え出すと、これはこれでなかなか歪んだ……もとい、いろいろと面白い面も見えてきたりするわけで。
[レッスルを穿った目で見てみよう//來來軒]の続きを読む
タッグチーム列伝//來來軒
■選手のタッグの向き不向き

 現在、夏コミ合わせで作ろうと思っている本のネタ探しのため、いろいろと縛りを入れたり、条件を設定したりして団体経営をやっています。
 それで、一通り全ての選手を操作してみた感じ、サバイバーはサバイバーなりというか、今作のシステムに沿った、タッグ向きの選手と向いてない選手が明らかにいるなぁという感想を抱いたりしました。

 具体的に言うと、以下のような感じです。

・得意な分野(メインとサブ)以外はからきし、という選手はシングルよりもタッグ向き
 これは素質の低い選手全般に言えることですが、たとえば採用時にパラメータに1が複数あるような選手はシングルよりもタッグ専門にした方が、勝率は上がります。
 当たり前の話ではありますが、弱点をカバーしてくれる存在がいるので、なんとかなるということですね。
 極端な話をすれば、投げ攻Eの金井ちゃんと極め攻Eのレイちゃんが組めば、いつもはただ捨てるしかなかったカードが切り札に変わったりするわけです。
 マメなタッチワークをこなせば、小生意気な後輩のむとめ・ちだねタッグに勝つこともそんなに難しい話ではありません。

・回復力が高い選手はタッグ向き
 タッグ戦はどうしても長期の凌ぎ合いになってしまうため、回復量の差が非常に物を言います。
 ということは『打撃系の選手は総じてタッグ向きである』ということが言えます。
 残り体力量はタッチの成功率にも関わってくるので(これかなり重要)、経営モードで実際操作する際にはそんなマッチメイクを心がけてみると勝率は上がると思います。
[タッグチーム列伝//來來軒]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。