スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サバイバーにおける「総合」
 サバイバーが発売されてもう半年以上経ちますが、待ちに待った続編ということもあり、若干の不満はありますが、まぁなんと言っても、21世紀になってもレッスルが遊べるのは大変ありがたいということで、あんまりブログでは毒づいたりはしたくないなと。
 とは言っても厳しい意見を書いたりすることもあるかもしれませんけれども、その辺りはご容赦ください。

・驚くべき南さんのパワーアップ
 今作をやってみて、まず真っ先に大抵の旧作ファンが驚かされるのが「南さんが驚くほど強くなっていること」ではないかと思います。
 旧作の主力の中ではゲーム開始時に新人として登場するのは彼女だけ、という仕様もあるのでしょうが、彼女と伊達ちゃんを採用すれば、まず今後数年間の主軸は固まったも同然、というくらい強い。
 また、伊達ちゃんは「関節技に致命的に弱い」という能力設定のため、巡業で直接対決を組んでみても互角に闘える。
 (総合能力では圧倒的に伊達ちゃんの方が高いのですが、ギブアップ率が相互の関節技能に左右されるため、伊達ちゃんはLv1スリーパーでもヒヤヒヤしなければいけないという、極めてタイトロープな対戦相手だったりする訳です)

 これに加えて「CPUはロープエスケープをしない」という仕様のため、AAAと提携するか、祐希子さんか上原さんを引っ張ってくる、もしくはむとめの台頭を待つくらいしないと、南さんがダントツのエースになってしまうことも少なくなかったりします。

 過去作品においても、関節技はこのようなギャンブル性が少なからずあるカテゴリでしたし、他のプロレスゲームでも関節技クリティカルは珍しくない要素です。
 関節技が非常に特殊な位置付けになっている辺り、やはりレッスルはどれだけギャルゲーナイズされても、根底には「プロレス最強論」のまだ盛んだった90年代に生まれたゲームなのだなぁと感じてしまいます。
[サバイバーにおける「総合」]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。