スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
試合操作時のテクあれこれ/來來軒
 とりあえず、今回のブログを始めるにあたって、いろいろ攻略とか見てみたのですが、試合操作時のこととか、ちょっと見つける事が出来なかったので、自分でやってることを再確認するのもかねて、まとめてみました。

・試合を操作するメリット
 コツさえ覚えれば相当な能力差も跳ね返せる。
 (感覚的だけどシングルでは150、タッグ、6人タッグでは400、600もいける)
 勝利を重ねることで選手の人気が上がる。(これは序盤で重宝する)

・デメリット
 一月進めるのに最低でも2~3時間かかる。相当疲れる。


■基本的なこと
 ポジション超重要。
 ベストポジションは中央から自コーナーに1つ寄り。
 関節系選手やタッグマッチの際にはこのポジションを意識して技を組み立てることで、勝率が3割はアップします。
 今回のタッグマッチにおけるカット率は異様に高く、たとえ相手の体力ゲージがゼロになっていても、リング中央~相手コーナー側でフィニッシュする場合は、最初の1回は100%カットされるものとして考えておいた方が良いです。
 しかし、続けざまにフォールに持ち込めれば8割方決まります。
 ただし、ロープ際だとロープブレイクの可能性もあるし、ダメ押しが弱攻撃だった場合、返される可能性も上がってしまいますので注意。
 それに、相手はピンチを切り抜ければ切り抜けるほど、基本的に反撃の補正も上がっていくので、油断は禁物です。
[試合操作時のテクあれこれ/來來軒]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。