スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
特殊試合形式を考える(デスマッチ編)//來來軒
 はい、今回はレッスルに導入できそうな試合形式のデスマッチ編です。
 とりあえず、ウィキペディアの項目見てもかなりありますね。
 で、その中でも女子プロレス、引いてはレッスル世界で行われてもあまり違和感のないものをチョイスして。
 さすがに有刺鉄線電流爆破、とか蛍光灯で殴り合ったりするのはいくらなんでも。
 (そういう意味ではスマートというか、正統派ヒールが多い感じ。そんな泥臭く凄惨なデスマッチをやっても違和感のないのは八島さんくらいのものでは)

・ランバージャックデスマッチ
 リングの外を複数人の選手がぐるりと取り囲み、場外に選手が転落した場合は、すみやかにリング上へと押し戻し、完全に決着が付くまで試合をさせる形式。
 カナダの樵の人たちのケンカの様式を取り入れた試合形式だということですが(古式ゆかしいデスマッチには、特定コミューンのケンカや決闘の様式をプロレスに導入したものが多い)、完全決着とは言うものの取り囲んでいる選手が、実際に試合をしている選手と同じ陣営だったりした場合には、対戦相手が落ちてきたら袋叩きにしたりとか、そういう光景もよく見られます。

 これは現状のシステムで再現するのは全然可能ですけどね。(現状のシステムだと単独で場外に転がり落ちるというシチュエーションは存在しませんが)
 ぶっちゃけ、場外に落ちたらセコンドの選手なりなんなりに押し戻される、場外乱闘の無い試合ルール。
 ただ、それだとあまりに面白みが無いので、場外に落ちた時には対戦相手ではなくランダムでセコンドの選手が表示され、その選手との関係によって、相手の行動が変わってくるとか。
 たとえば、旧作1や2のシチュエーションで、祐希子さんと市ヶ谷さんがこの形式で試合した場合、祐希子さんが場外に落ちたときに来島さんや菊池が出てくれば普通にリングに復帰できるが、南さんが表示されたら殴られてダメージとか。自分よりも評価値の低い選手が出てきたら逆に返り討ちに出来たりとか、自コーナーサイドで転落したら、敵セコンドの攻撃を味方セコンドが阻止してくれるとか。

 タイムリーな話題という訳でもないですが、今月頭に行われたWWEのPPV「レッスルマニア」で、ちょうど女子選手によるこの試合が行われたのですが、その時にはちゃんと女性形に直して「LUMBER JILL DEATH MATCH」って言ってました。
[特殊試合形式を考える(デスマッチ編)//來來軒]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。