スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レッスルを穿った目で見てみよう♯2 市ヶ谷さんの憂鬱//來來軒
 サバイバーをプレイしてるとたまーに発生する反乱軍イベント。
 このイベントはユーザーに対するメリットがほとんど無いのが困りもの……というか、現状のシステムだと個々のキャラの性格とかは置いておいて、数値だけで盛ると『ヒール=管理不行き届きで発生した欠陥品』だったりするわけです。
 これ、旧来のレッスルの団体経営ものでもこの傾向があるので、サバイバーだけを非難はしないけど、今回は特に顕著になってる印象があります。
 この数値処理、ライラみたいなナチュラル悪人はいいんだけど、グリズリーさんみたいなキャラは全然表現しきれてない。
 旧キャラで悪役になりやすい市ヶ谷さんや越後にしたって……というか、市ヶ谷さん本人は自分がヒールであるという自覚なんかまったくないだろうし、評価を下げられてしまうのもおかしな話だとは思うのですけどね。
 それにしてもサバイバーの市ヶ谷さんは可哀想というか、各種イベントで社長キャラが『痛い人』扱いしてるのが辛すぎる。
 バカンスイベントはあれはあれで面白いのでいいのですが、あれも市ヶ谷さんが1番後輩だったらどうすんだよ、ただのいじめだぞとか思わないこともありません。
 そもそも、旧来のシリーズでも『柔道日本一』の肩書きに見合った実績がまったく与えられていない。
 まぁ、旧来のレッスルはプロレス至上主義なので仕方ない面もあるんですけど。
 柔道の日本チャンピオンがプロレス転向……それって、小川直也や吉田秀彦の事例でも分かるように、一般でも取り上げられるような大ニュースです。 
 もっとも、旧1やV1でも当初はそのように扱っているものの、ことあるごとに格下であったはずの祐希子さんに邪魔をされ、挙句に次期エースの座をあっさりと奪われてしまう。
 この辺り、新女はすっげー残酷だと思うわけですよ。真剣勝負路線でもそうなんですけど、ストーリーがあると仮定してみると、これはもう、市ヶ谷さんの立場が無さ過ぎる。
 次期エースだの何だのと恭しく迎え入れておきながら、新人の祐希子さんの踏み台にしてしまうのですから、おっそろしい団体ですよ。
(過去設定を紐解けば、新女は離脱者がめちゃくちゃ多い団体ですし、そう言った目で見てみると、市ヶ谷さんも単にネームバリューを利用された被害者という見方も出来ます)
 穿った目で妄想したりとかすると、一連の祐希子さんのプッシュや上原さんの追放、市ヶ谷さんの冷遇には絶対的エースである理沙子さんの意向があるのかなとか思ったり。
 そもそも新女の社長というキャラクターは過去作で目立った形で出てこないんで、そんな邪推も可能といえば可能なんですね。

 でも、そんな扱いにもめげずに市ヶ谷さんは天然ヒール路線でダダーンと組んで巻き返しを図ったりするものの、結局はとうとう独立して自分の団体を作ってしまいます。
 まぁ、市ヶ谷さんの行動力や財力からすれば当然の話ではあるんですけど、常に2番手の扱いにこういう選手が満足するわけが無いのは当たり前の話と言いますか。
 レッスルの歴史を眺めてみても、市ヶ谷さんは祐希子さんに1度もクリーンに勝たせてもらえないばかりか、小説版ではあろうことか菊池にすら敗北していたりしますし。
(一応、丸め込みで逆転負けなんだけれども、作中でも遥かに格下の大番狂わせ)

 新女において、市ヶ谷さんがエース、頂点だった時期というのは一度も無いんですよね。
 これは飛び出すしかないというか、同じような経歴のミミさんとは全然違っていると言いますか。
(ミミさんはスポーツライクな人だし、芸能界転進も出来るほど機転の利く人間なので、そもそも野心が無いという向きもありますが)
 市ヶ谷さんもかろうじて仲がいいのは南さんくらいだけれども、その南さんも行動を共にしてくれないし、後にV3で小縞に一方的に弟子入り志願されるまでは孤高の存在といいますか。でも、そんなところを微塵も感じさせないキャラクターの完成度はすごいですね。
 しかも、彼女の行動はあくまでもプロレスの範囲からはみ出さない。非常にプロレスに対するリスペクトがあるし、なんだかんだで小縞の面倒も見たりしてるし、憎めない人です。
(祐希子さんとの仲はガチで悪い、という表現は随所にありますけどね)

 何とかそんな彼女の無念を晴らして、今回から新登場した市ヶ谷記念ホールでタイトルマッチでも組んであげたいところですが、普通にプレイすると年齢のせいで扱いが難しかったりします。
 招聘しても即エースとしては扱えない能力値の上、ある程度固まっていて、能力を伸ばせる機関が短いので、飛び技に弱いという致命的な弱点を克服できなかったり、基礎能力が伸びきらなかったりと、非常に不遇な扱いはなおも続いていたりするわけで。
 まぁ、彼女の強さを堪能したいなら、素質Sでむとめちだねとも互角以上に戦える2Pを待つか、転生するのを待った方がいいかもしれません。

 言動に目をつぶれば普通に美人キャラですし、10年前はこういうキャラは珍しかったけど、今じゃ普通にエロゲーギャルゲーにがんがん出てくるしなぁ、こんなキャラ。
 あと、勝ちポーズのグラがちょっとデブってるので、この辺り修正してくれれば、言うことなしなんですけど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
年齢ってなに~?(´`)
By悪魔に魂を売り、年齢をなくした男(´`)
理沙子や上原、芝田あたりも言えますな…
年齢と能力がそこそこあるのが返ってエースにしにくいという
サバイバー事情が…(__;)

市ヶ谷さんを愛してるんですね?!
確かに真面目に見るとこれほどかませ犬になってるキャラは
いないですよね(;^_^Aけど逆にそれだけやられても
評価を下げず、二番手にいるって実は凄いことかも?
並の選手ならフェイドアウトしてるでしょうしね…
伊達にビューティボムという一応オリジナルホールドを
持ってないってことかな(;^_^A
私のここぞでのメインイベントは祐希子VS市ヶ谷にしてますしね~
やっぱ市ヶ谷はできるからこそ重宝したいんですよ~
祐希子ファンな私でも市ヶ谷は貴重な人材ですしね~
あれほどうってつけないかにも゛敵キャラ゛なんて、
そうは居ませんもの…ちなみに市ヶ谷の団体作って
そこに全ヒール集めてたりします(;^_^A
2007/05/31(木) 23:57:17 | URL | 炎のすとれっちぷらむ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。