スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モデルと言っても……/來來軒
・旧作の頃の時代
 HUMANLIFE君が「サバイバーではモデルのいる選手がいない!」と言ってたので、今日はその辺りをネタにして書いてみようかなと思います。

 まず、レッスルの旧シリーズは、プロレスへの熱い愛が高じて出来た作品でもあるし、当時はまだまだプロレス熱も熱かった。
 「1」における祐希子さんを主人公としたストーリーは、明らかに当時の全日本プロレスで繰り広げられていた、超世代軍と鶴田軍の戦いへのオマージュとも思われる話です。
 で、「2」になると、主人公のむとめやちだねは、一応2人とも名前は拝借しているんだけれけども、別に実際のプロレス史に沿ったストーリーってわけでもなくて、どちらかといえば「1」の選手たちとの世代交代をモチーフにしたストーリー。
 まぁ、その当時Uインターでぶいぶい言わしていたゲーリー・オブライトに起草したメガライトがラスボス的扱いになってる、と。

 その後、名前やモチーフを現実のレスラーから拝借したキャラが3やスペシャルでは増産されていくことになる訳ですが、その縛りはそれほどかっちりしたものではなく、本当に名前とファイトスタイルのイメージくらい。
 だいたい、製作サイドも時代が進むにつれて、各キャラのキャラクターイメージやモチーフがその時代その時代での似たような役割のレスラーに変化したりしているので、そこまで厳密に捉えることもないんじゃないかなと個人的には思います。
 大体、V3の祐希子さんなんて、タイガードライバーにローリングエルボー、勝ちポーズも仏頂面って、あからさまに当時の三沢光晴をイメージしていたし。
(でも、当時の三沢は本当に凄いレスラーで、絶対王者的存在ではあったので。斎藤さんなんかもそうなんだけど、現在の姿でモデルだからどうこう、と語るのはナンセンスなんですよね。当時の斎藤彰俊はそれこそ、誠真会館と新日本プロレスとの抗争劇でブレイクした、カミソリのような印象の若き空手家だったわけで、あくまでもその時のイメージで捉えなければならない。まぁ、数年間の経験を経て、死神キャラにギミックチェンジするのかなーとか妄想するのも、それはそれで楽しいし、キャラに深みが出るとも思いますが)

 で、Vシリーズが旧シリーズをリメイクしながらも、割とその当時のプロレス事情を細かく取り入れたりしていたので、(Uルールの導入、海外団体を当時の現実に即したものにして欧州は小規模のキャッチ系団体、アメリカだと当時大ブレイク中だったECWを登場させたり)プロレスファンが見てもニヤリとできるような仕上がりではあったんですよね。

 個人的には、モチーフになった選手がいたりすると、「このキャラはあの選手のようなファイトスタイルなのかな」とか想像したりするのが容易だったりするんですけど、いないならいないでイメージするだけなんで、まぁ苦にならないというか。

・プロレスの衰退とギャルゲーの潮流
 で、サバイバーから登場した新キャラには現実のプロレス界をモチーフにしたキャラや設定が、皆無であると。
 これに関しては賛否両論あるようですが、これはもはや仕方のないこととして受け止めなければいけないのではないかなと個人的には思います。
 正直、あの頃に比べるとプロレスは衰退しまくっているのが現実で、深夜枠、もしくはCSなどでないと見る事が出来ないありさまな訳ですし。

 それに、根本的な問題として、モデルにしたいような選手、されるほど突き抜けた選手が、旧作当時の後の世代でいる訳でもないですし。
 まぁ、100歩譲って有り得るとするならば、当時は存在しなかった闘龍門系の選手、及びPRIDEなどの総合格闘技系の選手くらいではないでしょうか。
 桜庭みたいな能天気な総合系キャラとか、C-MAXの頃のCIMAのような、生意気ヒールのルチャ系キャラとか。
 まー、PRIDEといえばシウバという名前のキャラが出たりするけど、エース格ではなかったりするし。たまたま名前が同じだけ程度の印象は否めないかなぁ。

 ここで、「製作者側がプロレスを分かってないんだ!!」って言っちゃうのは簡単なんですけど(正直、そんな気もするけれども)、今のご時世に売るギャルゲーなので、あまりにプロレス色が強いのもそれはそれで、新規のユーザーが引いちゃうし。
 メイドギミックだったり、巫女さんが出てきたり、そういうのはある意味仕方ないかなと思います。
(案外雇ってみたら草薙はいいキャラですし。想像以上に強いので驚きましたけど)

 でも正直、そういうギミックの選手は、もし今の時代に実際の女子プロレスが90年代くらいの隆盛を誇っていたら、絶対出ているはずです。
 風前の灯火となった現状でさえ、『萌え系レスラー』なんて言う売出しをしてる人がいるのですし。

 むしろ今回プレイしてて違和感を覚えるのが外人選手のレジェンド。
 この辺りの選手はもう15~30年前の選手がモチーフになってたりするのが大半な上、日本人選手と違って、世代の変動で上下関係が入れ替わるということが皆無なので、もう違和感がバリバリ。
 アレックス・スミルノフがトップヒールなんてどこの国際プロレスなんだと。
 そんな古臭いキャラと、そんなの関係ないギャルギャルしたキャラが混在しているというのが、ちょっと残念だなぁと。
 日本人選手よりも外人キャラのモチーフはもう少し勉強してくれても良かったのではないかな、と思います。
 海外なんて日本なんかよりもプロレスは盛んなのだし、たとえばだけどロックやアンダーテイカーなんて、今の若手日本人レスラーなんかよりも一般的な知名度もある。
 何かと外人キャラに関してはやっつけ感が漂いまくっているだけに、残念ですね。

 まぁ、プロレスをリスペクトして生まれた旧シリーズと、旧シリーズをリスペクトして生まれたサバイバーでは、製作者の思惑も熱意の入れ所も違うんだよ、と言われれば、それまでなのですが……。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 個人的には、あまりモデルレスラーを意識したことはないです。
「サバイバー」からレッスルを始めた人間なので、色々なサイトを回って、このレスラーがあのレスラーのモデルなのか! と驚くことばかりでした。
 プロレスゲームなのか、ギャルゲームなのか、この辺りのスタンスで、モチーフ云々に対する賛否は変わるのかな? と自分は思うのですが。
 
 海外選手の扱いがおざなりなのは、プレーしてから割と早くに感じました。
 ファンブックでも殆ど扱ってないですしね(苦笑)
 次回作にはストーンコールドのような「俺様至上主義」のキャラや、サブゥーのような「壮絶恐れ知らず」のキャラの登場を希望したいです。
2007/04/12(木) 02:42:07 | URL | haruto #MV2O1U/s[ 編集]
はじめまして
 はじめまして,うらのあと申します。レッスルはmixiで活動しています。で,今回の文章全面同意です♪,特に外国人はやっぱり草薙や伊達とやらせるならなお新しい強豪が欲しかったですよね,HHHとJBLを足したような選手と市ヶ谷とか組みたかったですし。外国人ならユーザーにアメプロ詳しい人も比較的少ないだろうから今時の風潮を反映して日本人キャラでやらないのなら逆に外国人キャラは色々モデル再現して欲しかったですね。新外国人も良いキャラ多いんですけどね,やっぱりモデルと比べて楽しむ事も多少はしたいですしね。あと私も最初草薙はギミックレスラーで弱キャラかと思っていました(笑)そしてイラストも素敵です♪
2007/04/12(木) 07:00:56 | URL | うらのあ #-[ 編集]
>>haruto様
 確かにギャルゲーとして見る人とプロレスゲームとして見る人では捉え方は全く異なると思います。
 海外選手に関してはオフィシャルも端から声優コメントを用意しなかったり、それはそれで関わった人に対して失礼なんじゃないかなぁと思わざるを得なかったりします。
 ちなみにサブゥーモチーフの選手というのは、旧「3」のサラーラ・ダビというキャラが確かそうだったと記憶しています。
 時代的にはFMWに来日したての頃ですね。

>>うらのあ様
 はじめまして。
 WWEさんは権利にうるさいというのもあるわけですが、そこは日本自慢の萌え文化でいくらでも萌えキャラ化は可能だと思うんですけどね。ま、その辺りに詳しそうなスタッフがいないっぽいですし、あまり多くを要求するのも無理な話かなとは思ってしまいます。
 旧作の重要人物だからレジェンドとして登場したんです! という理由も分かりますし、3のアッパーバージョンだから3の勢力図がそのまま移行されているというのも理解は出来るのですが……やっぱり人選がもうあまりに古臭すぎるという感覚は否めませんね。
 モデルが未だに何とか現役でやってる人ってモーガンくらいですし。
 しかし、旧作の頃からアメリカンなヒール系強キャラというのはいませんね(それこそJBLやHHHに連なるフレアーのようなタイプ)。
 これも多分に当時の主流だったストロングスタイル、Uスタイル、王道スタイルへのリスペクトが影響しているんでしょうね。
 そういう視点で見ると、サバイバーの新キャラではローズ一党が1番プロレスラーらしいキャラかなと思います。
 もし次回作以降があるとして、WWEからキャラをパクってくれるんなら、私はハーディーズみたいな姉妹キャラを出して欲しいです。
2007/04/13(金) 00:24:31 | URL | 來來軒 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。